【日本遺産】知ってる!? 悠久の時が流れる石の島 ~海を越え,日本の礎を築いた せとうち備讃諸島~

  • 笠岡市
  • 歴史・文化
  • 通年

**Story**
瀬戸内備讃諸島の花崗岩と石切り技術は長きにわたり日本の建築文化を支えてきました。
日本の近代化を象徴する日本銀行本店本館などの西洋建築、また古くは近世城郭の代表である大坂城の石垣など、 日本のランドマークとなる建造物が、ここから切り出された石で築かれています。
島々には、400年に渡って巨石を切り、加工し、海を通じて運び、石と共に生きてきた人たちの希有な産業文化が息づいています。
世紀を越えて石を切り出した丁場は独特の壮観な景観を形成し、船を操り巨石を運んだ民は、富と迷路の様な集落を遺しました。
今なお、石にまつわる信仰や生活文化、芸能が継承されています。

高島 神ト山山頂(構成文化財)
 
白石島 開龍寺(構成文化財)
 
北木島 石切りの渓谷展望台(構成文化財)
 
真鍋島 真鍋家住宅(構成文化財)
 
大飛島 大飛島遺跡(構成文化財)
 
六島 灯台
 

戻る

▲